農家の嫁の同居生活で10kgやせた。辛い日々を乗り越え同居解消した体験談

同居のなかでもハイパーつらそうなイメージの農家の同居。

農家って、嫁を牛か何かの労働力としか思ってないんじゃないかというひどい話もたくさん聞きます(いうまでもないですが、すべての農家がそうとは言っていませんYO)。

農家の同居嫁に休みなし。

そんな過酷な同居経験を、元同居嫁である やまさん に赤裸々に語っていただきました。

読んでるだけで、辛かった・・・。

農家の同居、覗いてみますか?

農家の嫁の同居は想像以上に過酷。ストレス増&体重減

同居嫁ネーム やまさん
同居形態 完全同居
同居メンバー 自分22 旦那22 義母 祖父 祖母
同居歴 同居1年半 解消して7年

わたしは結婚、出産をしてから旦那の実家に挨拶に行き、同居する流れになりました。

旦那の家系は義母、祖父、祖母といて、義母は看護師をしていました。祖父祖母は畑仕事をしていました。

同居を始めると、家事をやるのは当然のことなんですが、毎朝5時に起きて家中の掃除に玄関掃除、それが終われば家の周りの掃き掃除に洗濯干し、それが終わり、旦那の弁当作りでした。

それを今までは義母が1人でしていたようでやってみると、とてもきつかったです。

朝の忙しい中に毎日の掃除、必要ないのではないかと思う位でした。

休みの日はゆっくり寝ていたいのにそれでも毎日5時起き…全然ゆっくりできない毎日でした…。

日曜日には家族総出で畑仕事を手伝うのが決まりのようで、朝ごはん後家事を終わらすと準備して畑仕事でした。

昼ご飯を食べ、また夕方まで畑仕事。旦那と子供と出掛けたくても畑仕事優先。

畑仕事を終わらせてから行くしかなく、夕方から出掛けようとすると、子供連れて夜出歩くなと言われどこにも行けず。

なので前もっていついつの日曜日は出掛けると伝えて、朝から出掛けるようにしました。

そうすると夕方帰ると、嫌味のように祖母から

どこに行ってきたのー?いいねーお出掛けしてきて!

ばあちゃん達は1日中へとへとになりながら畑してきたのよ〜

自分達が食べるには必要なら仕事だからね。

お手伝いしない人は食べれないよ〜

とぐちぐちと文句を言われました。全く手伝わないのではないのにその嫌味っぷりでした。

同居で実家に帰りにくい。というか、帰れない!

ちょうどお盆時期で、わたしは同居してから自分の実家へ行く機会が減ったので連休を利用して、自分の実家に子供をつれて泊まりに行きたかったので…義母には了承を得ていましたので、祖父祖母にも伝えました。

泊まりに行くって言ってもたった2日間なんですが。

伝えたら祖母からすごく嫌な顔をされて…

わたしがお嫁に来た時はお盆時期に実家に帰るなんて失礼にあたることだった。お盆時期は忙しいし親戚が集まる時に嫁不在ではみっともない。わたしの時は結婚して3年は実家には帰らなかったけど今の子はすぐ実家に行きたがるもんな〜と延々と嫌味を言われ、そんな中帰る気にもなれなくなり、たった2日間なんですが実家に行くのはやめました。

旦那からは行っていいと言われましたがあそこまで言われ、のこのことはいけませんよね。

今と昔の違い、時代の変わりに気付けよな。と1人旦那に黙々と愚痴を言い続けました。

こんな感じで同居を続け、1年間で10キロ痩せました。

規則正しい生活をしているようには、見えますが、内心は疲れ果て、ストレスが溜まりまくっていました。

休日も休めず、自分達の時間も作れず、実家にも帰られず同居に嫌気がさしてました。

それが態度にも現れていたのか、祖母からの毎日の嫌味が凄かったです。

今の若いのは忍耐力がないだの、わたしの時は1番先に起きて1番最後に寝ての生活が当たり前だの、自分の時間なんて後回しだのと言われ続けました。

農家の同居も解消できた!近居でアパート暮らしに

だんだん、同居に限界を感じ始め、わたしが同居は合わないと思い始めました。

もともとわたし自身が、他人に合わせたり、団体行動が得意ではないので、毎日の日々に疲れと嫌気が増すばかりでした。

その年の正月は実家に帰りたかったので、事前にみんなに伝えていたのに、その当日、急遽親戚の方が遠くから来ることになり、わたしは初めて会う方だったので実家に行かず居るように言われました。

実家に行くことは、事前に伝えていたので帰りたいと言いましたが、祖母からの「実家はいつでも帰れるでしよ。親戚付き合いは最初が大事だから。挨拶しない嫁がいるなんて恥ずかしくて嫌だから」と嫌味を言われ続けました。

ならば挨拶だけしてわたしは実家に帰ると言ったのですが、親戚に嫁は自分の実家に行くなんてみっともなくて言えないと言われ、結果年越しも帰れず、年明けてから顔を出しに行きました。

限界は遠くなかったようで、嫌味の日々が耐えられず、このままでは、夫婦間ですら危険だし、自分自身も危険だったので、旦那に相談して同居を解消することにしました。

散々反対はされましたが、最終的に近くにアパートを借り引っ越しました。それからは適度に実家に行くようになり、前のようなイヤミもなくすごせています。

別居7年になり去年からまた同居の話が出てますが、聞いてないふりと、話をながす努力をして貫いてます。

もう2度と同居は出来ないし、したいとは思いません。

同居のほんね管理人まとめ

やまさん、同居のほんねをありがとうございます。

こんな同居、絶対無理や・・・率直に、そう思いました。よくがんばられたと思います(T T)

そんな状況の中、ご自身で同居解消に向けて動けたことも、本当に素晴らしいと思います。

やまさん、すばらっしいぃぃいぃぃ!ブラボーーー!!!

同居が苦しく辛いとき、自分自身の思考も何だか暗くネガティブに支配されがち。そんな時においても、ベストを求めて行動すること。これさえできれば、同居継続でも、同居解消でも、そんなのはどっちでもいいんです。

自分で自分の人生をコントロールする、同居嫁でも、絶対に手放したくない大切なこと。思い出させてくれてありがとうございました。

やまさんの体験談が、あなたの同居、別居の参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする